MENU

【新潟市最安値の外壁塗装】15年保証ができる長持ち塗装の新創

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-81-1142はい いいしょくにん 受付時間 9:00~17:00 (木曜定休)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約 クオカードプレゼント中
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 雨漏り > 知らないと取り返しのつかないことに!

知らないと取り返しのつかないことに!

雨漏り

2022.04.14 (Thu) 更新

新潟市東区の皆さんこんにちは!

地元密着、外壁塗装・屋根雨漏り専門店の
長持ち塗装の新創です!

 

知らないと取り返しのつかないことに!?

雨漏りの3つの種類!

 

 

はじめに

新潟県特有の長雨や台風、暖気した雪の日に気になるのが「雨漏り」です。天井からポタポタと雫が落ちてくるような雨漏りであれば、すぐに発見して対応できるでしょう。天井の梁にジワリと染み込んだり、天井裏に水がたまったままの状態(室内にこぼれない状態)になったりしている場合は注意が必要です。

 

もし雨漏りに気づかずに放置していた場合、建物の構造自体に重大な影響を及ぼしてしまう可能性もあるのです。たとえばちょっとした地震で屋根が崩れてきたり、台風のときに屋根が簡単に吹き飛んでしまったりといったことも考えられます。

 

雨漏りは天井(屋根を含む)だけが原因でない場合もあります。外壁やベランダに問題が発生することで雨漏りすることもあるのです。そこで今回は天井と外壁、そしてベランダからの雨漏りの原因について、そしてその原因を特定する方法についてお話ししていきたいと思います。

 

1.雨漏りの発生場所は屋根だけではない!雨漏りの原因となる3つの場所

突然ですが質問です。

 

「雨漏り」と聞いて最初に見る場所はどこですか?

 

ほとんどの人が天井を見上げるでしょう。実は雨漏りは天井以外の場所からも発生します。雨漏りの定義は「雨が建築物の内部へ意図しない場所から侵入すること」です。つまり、天井以外の場所からも雨が建物内に侵入してくれば、それは「雨漏り」になるのです。

 

雨漏りがもっとも起きやすい場所として、次の3つの場所が挙げられます。

 

  • 屋根
  • 外壁
  • ベランダ

 

それぞれの場所で起こる雨漏りの原因についてお話ししていきたいと思います。

 

1-1.屋根からの雨漏り

屋根からの雨漏りの原因として多いのが次の2点です。

 

  • 屋根板金の曲がり・破損
  • 屋根材の割れ・欠け・ズレ

 

1-1-1.屋根板金の曲がり・破損

一般住宅の屋根の構造はいろいろな種類があります。もっとも多いのが「切妻屋根」という2つの傾斜面が本を伏せて置いたような山型の形状をしているタイプです。豪雪地帯の新潟市では片側が傾斜面になっている「片流れ屋根」も多いです。

 

切妻屋根では接合部分に板金や板を入れて雨漏りしないようにしています。しかし経年劣化によって板金や板を固定しているクギのゆるみや板の浮きが発生して雨水が侵入してしまうのです。

 

1-1-2.屋根材の割れ・欠け・ズレ

屋根の傾斜面に配置されている瓦やスレート(屋根や外壁に使われている建築材の一種)の割れや欠け、ズレなども雨漏りの原因になります。ズレであればその部分を直すだけで済みますが、割れや欠けとなると、建築材そのものを交換しなくてはならなくなります。

 

1-2.外壁からの雨漏り

外壁からしみ出してくるような雨漏りにも原因がいくつか挙げられます。主な原因として、次の4つが挙げられます。

 

  • 外壁のひび割れ
  • 外壁の目地の劣化
  • 開口部のコーキングの劣化
  • 雨樋の詰まり・破損

 

1-2-1.外壁のひび割れ

屋根にも使われているスレート材の破損によって雨漏りすることもあります。新潟市は海に面していることから潮風による劣化も多いです。

 

外壁のひび割れの怖いところは、外から見たときに小さなひびだとしても、実際に壁の内部では大きな破損が起こっている可能性があるところです。小さなひびなのにかかわらず、雨漏りする量が多い場合は壁の内部で大きな破損が起こっている可能性もあります。

 

1-2-2.外壁の目地の劣化

外壁つなぎ目部分の目地が劣化することでも雨漏りは起こります。劣化することで目地部分に大きな穴が開いてしまい、そこから雨水が侵入してくるのです。壁の目地にはモルタル材などの水に強い材質を使いますが、経年劣化によって剥がれ落ちてしまうこともあります。

 

1-2-3.開口部のコーキングの劣化

コーキングとは、壁と窓サッシのつなぎ目に使う接着剤のようなものです。水にも強いため、キッチンやお風呂、トイレなどでも使われています。このコーキングが劣化して剥がれ落ちたことで雨漏りが起こることもあります。

 

1-2-4.雨樋の詰まり・破損

意外に多いのが壁に問題があるのではなく、雨樋に問題がある場合です。落ち葉やホコリ、ゴミなどが雨樋に詰まってしまい、雨水が排水されないことで起こる雨漏りもあります。新潟市は季節によって風も強いため、ゴミや落ち葉などが雨樋に溜まりやすい条件が整っていると言えます。また、破損した部分から水が漏れ出し、その水が壁を伝って室内に侵入してくるのです。

 

1-3.ベランダからの雨漏り

天井の雨漏りといえば、屋根のすぐ真下である最上階の天井から起こるケースが多いです。まれに2階建て以上の建築物の1階天井部分から雨漏りすることもあります。さまざまな原因が考えられますが、もっとも多い原因は1階上のベランダからの雨漏りです。

 

ベランダ部分の雨漏りが起こる原因としては次の2つが挙げられます。

 

  • ベランダの排水溝の詰まり
  • ベランダ防水の劣化

 

1-3-1.ベランダの排水溝の詰まり

1階上のベランダの排水溝が詰まることで水があふれ出し、雨漏りが起こってしまうこともあります。雨樋の詰まりと同じように、ベランダからあふれ出した水が壁を伝って雨漏りしてしまうのです。

 

1-3-2.ベランダ防水の劣化

ほとんどのベランダの床は特殊な塗料などで防水加工をしています。これはベランダの素材であるコンクリートに水が染み込んで劣化するのを防ぐためです。防水効果が切れてしまった場合、コンクリートのひびに雨水が侵入して雨漏りしてしまう場合もあります。

 

2.雨漏りの原因を特定する方法

雨漏りの原因となる場所が分かったとしても、その原因を特定しなければ対処もできません。雨漏りの原因を特定する方法としては主に次の3つが挙げられます。

 

  • 目視調査
  • 散水調査
  • 赤外線調査

 

ここではそれぞれどのような調査なのかをお話ししていきます。

 

2-1.目視調査

雨漏りの無料原因調査で行われる調査方法が目視調査です。プロの目線で雨水の侵入場所を特定します。しかし、目視だけでは侵入口が特定できないケースもあります。外壁内部などが原因の場合は目視だけで侵入口を特定するのは難しいでしょう。

 

2-2.散水調査

雨水の侵入口として怪しい部分にホースを使って水を撒いて雨漏りを再現する方法です。怪しいポイントに10分~30分程度水を撒いて、もし雨漏りが再現できなければ他の場所に水を撒きます。

 

2-3.赤外線調査

赤外線カメラを使って屋根や外壁部分の表面温度を色分けして写して、雨漏り箇所を判断する方法です。雨漏りしている箇所は極端に温度が低くなるため、その原理を使った調査方法になります。

 

3.雨漏りを自分で直すのはキケン!

雨漏り箇所を見つけたからといって、自分で修理をするのはオススメしません。修理箇所が屋根の場合、落下して怪我をするリスクはもちろんのこと、間違った修理方法で症状を悪化させてしまうリスクもあるからです。

 

たとえば、屋根の瓦の修理をしたとしましょう。瓦は力のかかり方で簡単に割れてしまうものです。間違った踏み方をしてしまった場合、瓦が割れてしまい怪我やより大きな破損を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

 

また、雨漏りの原因が分かったとしても、その原因ではない可能性もあります。外壁の雨漏りがよい例でしょう。ホームセンターで購入したモルタル材などでヒビを埋めたとしても、実は内部に大きな亀裂が入っていたという場合には、再度雨漏りが発生してしまう可能性が高いです。

 

まずは専門業者へ相談してみることをオススメします。

 

4.雨漏り調査は長持ち塗装の新創にお任せください

雨漏りの原因や調査方法についてお話ししてきましたが、実際の雨漏りチェックは専門家に相談するとよいでしょう。長持ち塗装の新創は、元、大工の代表である帆刈がプロの目線、大工目線での雨漏チェックを行います。元大工だからわかる施工不良も見ぬきます。

 

雨漏りは放置しておくと建築物に少なくない悪影響を与えてしまうものです。柱や梁などが腐食してしまうと、崩壊リスクも高くなるでしょう。最悪の結果になる前に、まずは無料調査だけでも依頼してみませんか?

 

*************

新創は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
地元密着43年、新潟市東区を拠点とし、新潟市を中心に多くの皆様の信頼と実績を積み重ねてきました。

これまでの工事実績2500件以上!

高品質な塗装を適正価格でご提供したい。地元密着だからこそ誠心誠意対応させていただきます。お陰様で多くの皆様からご依頼を頂いています。

👉塗装専門ショールームのご案内
実際に使われている塗装サンプルや模型など、
新創ショールームにて皆様に実際に見て触れて体験して頂きたいです。

👉ご相談・お見積り
不安な点や、気になる事は今すぐ新創まで。
誠心誠意対応させていただきます。
新創ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。

👉新創の塗装ラインナップ
『外壁塗装・屋根塗装の価格を知りたい!』という方はこちら。

👉新創の施工事例
『外壁塗装・屋根塗装を頼みたいけど、イメージ出来ないな…』など
そんな方は、施工事例をご覧ください!カラーシュミレーションもございます。

👉アフターフォローも充実
国家資格1級塗装技能士の自社職人が作業する新創を選べば保証も充実。
万が一の塗料の剥がれにもご対応いたします。

***********

新 創 株式会社

〒950-8678
新潟県新潟市東区大形本町3-1-2 イオン新潟東店3階
〒950-0872
新潟県新潟市東区牡丹山2-14-11

フリーダイヤル: 0120-81-1142 
     Fax: 025-279-5598
e-mail: shinso@rose.plala.or.jp

 

外壁塗装・屋根塗装専門店 新創へようこそ

長持ち塗装の新創

代表取締役 帆刈 勇蔵
YUZO HOKARI

長男、長女2児の父になり、子供との接する時間を取らなければいけないと思うのですが、なかなかそうも行かないので悩んでいます。代表取締役、帆刈です。

大工業を経験し、仮設足場で独立起業、東区で自社足場を持っている塗装屋として、沢山のお客様に応援してもらいながら成長して来ました。冬は除雪業、リフォームして家を売り買いする不動産業にもチャレジ、大工経験で得た得意なリフォームの知識を活かし、外壁塗装&屋根雨漏り専門店をオープンさせていただきました。東区の皆さんにはとても良くしていただき感謝しかありません。これからも東区の発展の為、東区の皆さんの塗装の悩み、雨漏りの悩み、など、お役立ち出来るよう全力で頑張ります。優しい皆さんの暖かい応援よろしくお願いいたします。

  • イオン新潟東店内3階塗装専門ショールーム アクセスマップ

    イオン新潟東店内3階塗装専門ショールーム

    〒950-0813 新潟市東区大形本町3丁目1番2号
    TEL:0120-81-1142
    営業時間 9:00~17:00(毎週木曜日、年末年始、夏季休暇)

    ショールームについて詳しくはコチラ

    相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

    0120-81-1142はい いいしょくにん
    受付時間 9:00~17:00
    (木曜定休)

    無料お見積依頼

    長持ちする塗装をご希望の方、お電話ください!

来店予約 外壁塗装ショールームへお越しください。 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション 長持ち塗装の新創の採用情報

お見積・資料請求はこちらから

0120-81-1142 受付 9:00~17:00 (木曜定休)

お問い合わせフォーム

新創 長持ち塗装の新創

[イオン新潟東店内3階塗装専門ショールーム]
〒950-0813
新潟市東区大形本町3丁目1番2号
TEL:0120-81-1142