MENU

【新潟市最安値の外壁塗装】15年保証ができる長持ち塗装の新創

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-81-1142はい いいしょくにん 受付時間 9:00~17:00 (木曜定休)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約 クオカードプレゼント中
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装用語 > 初めての外壁塗装で失敗しないために知っておきたい6つのポイント|新潟市

初めての外壁塗装で失敗しないために知っておきたい6つのポイント|新潟市

塗装用語

2022.05.08 (Sun) 更新

新潟市東区の皆さんこんにちは!

地元密着、外壁塗装・屋根雨漏り専門店の
長持ち塗装の新創です!

初めての外壁塗装で失敗しないために知っておきたい6つのポイント|新潟市

念願のマイホームの竣工から早十年。周りの人たちが塗り替えをしているのを見ると「そろそろ外壁塗装しないといけないのかな?」とそわそわすることってありますよね。マイホームの外壁や屋根を初めて塗装依頼される方がもっている主な不安には次のようなことが挙げられます。

  • 「塗り替え時期っていつ?」
  • 「塗料は何を使ったらいい?」
  • 「費用はどのくらい?」

そこで今回の記事では「初めて外壁塗装を依頼する上で失敗しないために知っておきたい6つのポイント」についてお話ししていきたいと思います。6つのポイントは以下です。

  1. 外壁の塗り替え時期
  2. 塗り替え時期を示す劣化症状
  3. 外壁塗装の費用相場
  4. 塗装業者を選ぶ3つのポイント
  5. おすすめの塗料と耐用年数
  6. 色選びのコツ

外壁の塗り替え時期がわかる劣化症状、費用相場、塗料の耐用年数など気になる情報をチェックしておけば、塗装業者・塗料・色選びに役立つはずです!

1.外壁の塗り替え時期

外壁の塗り替え時期は10年前後です。一般社団法人日本窯業外装材協会が示す一般的な塗り替え周期は5~10年と言われています。塗料の種類によってはさらに塗り替え周期を長くすることも可能です。

ただし、劣化の状況によっては5年~10年よりも早く塗り替えが必要になる場合もあります。マイホームの竣工から7年経過後に、1年に1回塗装の点検を行うとよいでしょう。

一般社団法人日本窯業外装材協会が示す一般的な塗り替え周期

画像引用元:外壁塗装の塗り替え目安時期|一般社団法人日本窯業外装材協会

長持ち塗装の新創では、無料でプロの目線からの屋根外壁診断を行っております。初めての診断、初めての塗装依頼の方にもわかりやすく診断結果をお伝えしています。

屋根外壁診断

2.塗り替え時期を示す劣化症状

外壁や屋根の塗り替え時期を示すサインは「劣化症状」にあります。劣化症状のうち、艶落ちや色褪せ程度ではまだ塗装は必要ないでしょう。カビや苔、藻の繁殖などが見える劣化進行具合レベル4以上になった際に外壁塗装や屋根塗装を検討するとよいでしょう。劣化症状レベルの目安を一覧表にしましたので、参考までに確認してみてください。

外壁塗装の劣化症状と目安

経過年数

外壁塗装の劣化の進行度合

劣化症状

3~8年

1

艶落ち

6~10年

2~3

色褪せの症状

5~10年

4~8

カビ・苔・藻の繁殖

5~10年

6~7

コーキングが劣化する

8~13年

6~8

チョーキング・吸水

10~15年

8~9

塗装面のひび割れが発生

15~20年

10

塗膜の剥がれ

注意すべきは塗料や日当たり、立地などの環境によって劣化の進行度合いは変わってくる点です。経過年数で判断するよりも、劣化の進行度合いで判断することをオススメします。ここからは「外壁塗装の劣化症状レベル4~10」に該当する5つの症状が、どのようなものなのかについてお話ししていきます。

外壁塗装の劣化症状レベル4~8「カビ・苔・藻の繁殖」

苔・カビ

北側に川や池があったりすると1~2年でカビ・苔・藻が生えてくる場合があります。この場合は塗膜の表面に付着しているだけなので、すぐに塗装するのではなく、高圧洗浄だけで十分です。しかしそのまま放置していると少しずつ劣化が進んでしまいます。

「劣化症状レベル6~8のチョーキング・吸水」が発生している状態でカビや苔、藻が繁殖してしまうと外壁そのものにダメージが及んでしまいます。すぐに塗装業者に相談しましょう。

外壁塗装の劣化症状レベル6~7「コーキングの劣化」

コーキングの劣化

コーキングが劣化するとひび割れが発生します。一度劣化したコーキングは打ち直しが必要です。壁の内部に雨水が侵入している状態でコーキングの劣化を放置しているとカビが発生し、最悪の場合は外壁の下地を腐らせてしまいます。すぐに塗装業者に連絡しましょう。

外壁塗装の劣化症状レベル6~8「チョーキング・吸水」

チョーキング

チョーキングは、外壁に触れたときにチョークの粉のようなものが手のひらに付着する症状のことです。チョーキングが見られ状態を放置しておくと、徐々に防水性能が失われていき、雨が降ると水を吸水するようになっていきます。

チョーキングを確認したら1年以内に外壁塗装を検討しましょう。吸水している場合は吸水・乾燥を繰り返し、外壁そのものがダメージを受けてしまうため、すぐに外壁塗装を依頼しましょう。

外壁塗装の劣化症状レベル8~9「塗装面のひび割れが発生」

塗装のひび割れ

塗装面のひび割れは塗り替えのサインです。ひび割れの幅が0.3mm以上の場合、隙間から雨水が浸透する可能性が高くなります。

放置すると壁の内部でカビが繁殖してしまい、最悪の場合は下地が腐食することもあります。早めに塗装業者に相談しましょう。

外壁塗装の劣化症状レベル10「塗膜の剥がれ」

塗膜の剥がれ

外壁の一部が何にも守られていない状態です。すぐに塗装を依頼してください。

劣化症状について、さらに詳しくお知りになりたい方はこちら↓の記事もお読みください。

外壁塗装の6つの劣化症状に要注意!これは塗り替えのサイン⁉|新潟市

3.外壁塗装の費用相場

外壁塗装の費用は相場より高過ぎても安過ぎても注意が必要です。なぜかというと、安すぎる場合には低ランクの塗料が使われるなど、手抜き工事をされる可能性があり、高すぎると費用に見合わない高額な金額を払わされることになるからです。

費用相場を知らないまま外壁塗装を依頼してしまうと、相場の2倍以上の費用を払ってしまう場合もあるため、初めて外壁塗装を依頼する際には頭に入れておくとよいでしょう。

悪質業者の手口に関しては、こちら↓の記事でも詳しく解説しています。

悪質業者の10の手口に注意!【外壁塗装で信頼できる業者の特徴】新潟市

100㎡の外壁塗装の相場は、新潟市の場合50~150万円程度です。金額はあくまでも目安です。塗装面積だけでなく建物の形状や階数などによっても大きく変わります。外壁塗装の費用を左右する要素としては

  • 塗装面積
  • 建物の形状
  • 階数
  • 塗料の種類・性能
  • 下地の補修程度

などが挙げられます。

また、外壁塗装にかかる費用は依頼する業者によって大きく変わってきます。依頼できる業者は大まかに分けると次の3業種です。

  1. 大手ハウスメーカー
  2. リフォーム業者
  3. 塗装業者

それぞれの特徴を簡単にお話ししていきたいと思います。

1.大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカーは保証やアフターサービスが充実しています。しかし、施工工事そのものは下請けの塗装業者が行うため中間マージンが発生し施工金額は割高になります。

2.リフォーム業者

外壁塗装以外に内装のリフォームも検討しているのであれば、まとめて依頼できるのがリフォーム業者です。一括して工事を依頼できるため便利ではあるものの、塗装関しては塗装の専門業者ほど熟達していない可能性が高いというデメリットがあります。

3.塗装業者

信頼できる塗装業者に直接依頼できれば、費用を安く抑えられるのでおすすめです。しかし、塗装業者によって品質に差があることも事実。保証やアフターフォローを確約してくれる塗装業者がベストでしょう。

4.塗装業者を選ぶ3つのポイント

外壁塗装を依頼する業者を選ぶポイントは3つあります。

  • 1級塗装技能士が在籍している塗装業者
  • メーカー保証やアフターフォローがある塗装業者
  • 良い評判を得ている地域密着の塗装業者

1.1級塗装技能士が在籍している塗装業者

1級塗装技能士は国家資格であり、ベテランの塗装職人であっても簡単に取得できるものではありません。塗装に関するあらゆる技術と知識が求められるため塗装の品質を信頼できる根拠になります。

2.メーカー保証やアフターフォローがある塗装業者

工場で完成品になる商品とは違い、外壁塗装は塗装業者の施工によって完成します。つまり塗装の耐久性は塗料の質だけでなく「塗装業者の施工品質」にも左右されるのです。

 

塗装工事においてメーカー保証は自動的に付帯されるものではありません。実際の塗装工程や乾燥時間の記録・管理をしたうえで保証されるものです。つまり「メーカー保証がある=一定の品質が保証される」ということになります。

 

安心して塗装工事を依頼するためにも、メーカー保証やアフターフォローをしてくれる塗装業者を選ぶとよいでしょう。

3.良い評判を得ている地域密着の塗装業者

地域密着の塗装業者は良い評判あってのものです。塗装工事の品質は地元での評判に関わるため、責任をもって丁寧に施工してくれます。

地域密着の塗装業者はお客様の家の近くに会社があって、何かあればすぐに駆け付けてアフターフォローをしっかりしてくれるので安心です。

5.選ぶ塗料で耐用年数が決まる

選ぶ外壁塗料によって耐用年数は異なります。あとは予算に合わせて塗装業者のアドバイスを考慮して決めるとよいでしょう。外壁塗装の施工時に外壁と合わせて屋根も塗装すると足場費用や養生費用の節約になります。

外壁塗装が必要ということは、屋根の方がよりいっそう劣化している可能性が高いです。プレマテックス社によると、屋根は南向きの外壁よりも1.5倍の平均日射量があります。(3.67kWh/㎡)

画像引用元:屋根用対候性強化色|塗料メーカー|プレマテックス

そのため同じ種類の塗料を外壁と屋根に使用すると、どうしても耐久年数に差が生じます。外壁と屋根の塗装耐久年数の違いを解決するには2つの方法があります。1つ目は屋根に外壁よりもグレードの高い塗料を選ぶことです。

2つ目は「屋根用耐候性強化色」を選ぶことです。耐候性に優れた無機・有機顔料だけで調色し、光安定剤(HALS)を増量しているため、退色しやすい有機顔料を含んだ塗料よりも耐久性が向上しています。

画像引用元:屋根用対候性強化色の特徴|プレマテックス|塗料メーカー

オリジナル塗料に注意

オリジナル塗料を使う業者はオススメできません。なぜなら、耐用年数や実績が公式に証明されていないからです。

「オリジナル塗料」といっても、塗装会社が作っているわけではありません。塗料メーカーに「独自の配合で発注した塗料」というだけです。

オリジナル塗料は大量生産ではないため逆にコストがかかり、塗料の品質に対して「割高」と考えた方がいいでしょう。オリジナル塗料のすべてが粗悪な塗料というわけではありません。ですが塗料メーカーの塗料のように、耐用年数や実績が証明されていないことから「信頼性が薄い」といわざるを得ないでしょう。

もし本当に優れたオリジナル塗料があるとしたら、塗料メーカーで開発して販売しているはずです。民間の塗装業者が発注した塗料が、塗料メーカーよりも優れていると考えるのはリスクが高いです。

オリジナル塗料を使う業者の中には「安い塗料を仕入れてラベルを張り替えているだけ」という悪質な手口を使うところもあります。安いからといってリスクのあるオリジナル塗料には注意しましょう。

6.色選びのコツ

色選びのコツ
画像引用元:屋根用対候性強化色の色見本|プレマテックス

塗料の色選びは、外壁塗装の仕上がりに満足できるかを左右するポイントです。自宅の外壁は塗装をしてから10年~20年以上、毎日目にするものです。色選びの失敗はさけたいところですよね。ここでは色選びのコツについてお話ししていきたいと思います。

面積効果による色の錯覚に注意

せっかく時間をかけて色を決めたのに、仕上がりがイメージと違っていたら残念です。その要因の1つが面積効果による色の錯覚です。

例を挙げてみましょう。以下のAとBの画像を見比べてみてください。どちらの方が明るい色に見えますか?

面積色彩

おそらくAの方が明るく見えると思います。「明るい色に見える」という意味では正解ですが実はまったく同じ色なんです。色が同じでも、明るい色は面積が広いほど明るく見える錯覚を「面積効果」といいます。

サンプルと外壁では面積に大きな差があるため、イメージしていた仕上がりが思い通りにいかない場合があるのです。明るい色を選ぶときは、実際に外壁に塗った場合に「もう少し明るく見える」と考えて選ぶと、完成イメージのズレを少なくできるでしょう。

室内と室外で見る色は、だいぶ印象が変わってくるので外に出てチェックしてみましょう。天気によっても見え方は異なるため、色々な環境下で確認することをオススメします。

ある程度色を決めて最終段階になったら、できればA4サイズのサンプル(色の見本)を塗装業者に借りて、自宅の外壁に置いてイメージしてみましょう。

外壁・屋根の色えらび|外壁塗装・屋根塗装のカラーシミュレーション|新創

新潟市で初めての外壁塗装は長持ち塗装の新創がおすすめ

外壁塗装を初めて依頼する際に失敗しないための6つのポイントについてお話ししてきました。もう一度ふりかえってみましょう。

  1. 外壁の塗り替え時期
  2. 塗り替え時期を示す劣化症状
  3. 外壁塗装の費用相場
  4. 塗装業者を選ぶ3つのポイント
  5. おすすめの塗料と耐用年数
  6. 色選びのコツ

新潟市、新潟市近郊で外壁塗装業者をお探しならば、ぜひとも長持ち塗装の新創にご相談ください。メーカー保証ありの優良価格には自信があります!イオン新潟東ショールームでは塗装相談も承っております。

お買い物のついでにお立ち寄りくださいませ。

******

新創は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
地元密着43年、新潟市東区を拠点とし、新潟市を中心に多くの皆様の信頼と実績を積み重ねてきました。

これまでの工事実績2500件以上!

高品質な塗装を適正価格でご提供したい。地元密着だからこそ誠心誠意対応させていただきます。お陰様で多くの皆様からご依頼を頂いています。

👉塗装専門ショールームのご案内
実際に使われている塗装サンプルや模型など、
新創ショールームにて皆様に実際に見て触れて体験して頂きたいです。

👉ご相談・お見積り
不安な点や、気になる事は今すぐ新創まで。
誠心誠意対応させていただきます。
新創ではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料です。

👉新創の塗装ラインナップ
『外壁塗装・屋根塗装の価格を知りたい!』という方はこちら。

👉新創の施工事例
『外壁塗装・屋根塗装を頼みたいけど、イメージ出来ないな…』など
そんな方は、施工事例をご覧ください!カラーシュミレーションもございます。

👉アフターフォローも充実
国家資格1級塗装技能士の自社職人が作業する新創を選べば保証も充実。
万が一の塗料の剥がれにもご対応いたします。

***********

新 創 株式会社

〒950-8678
新潟県新潟市東区大形本町3-1-2 イオン新潟東店3階
〒950-0872
新潟県新潟市東区牡丹山2-14-11

フリーダイヤル: 0120-81-1142 
     Fax: 025-279-5598
e-mail: shinso@rose.plala.or.jp

 

 

 

外壁塗装・屋根塗装専門店 新創へようこそ

長持ち塗装の新創

代表取締役 帆刈 勇蔵
YUZO HOKARI

長男、長女2児の父になり、子供との接する時間を取らなければいけないと思うのですが、なかなかそうも行かないので悩んでいます。代表取締役、帆刈です。

大工業を経験し、仮設足場で独立起業、東区で自社足場を持っている塗装屋として、沢山のお客様に応援してもらいながら成長して来ました。冬は除雪業、リフォームして家を売り買いする不動産業にもチャレジ、大工経験で得た得意なリフォームの知識を活かし、外壁塗装&屋根雨漏り専門店をオープンさせていただきました。東区の皆さんにはとても良くしていただき感謝しかありません。これからも東区の発展の為、東区の皆さんの塗装の悩み、雨漏りの悩み、など、お役立ち出来るよう全力で頑張ります。優しい皆さんの暖かい応援よろしくお願いいたします。

  • イオン新潟東ショールーム アクセスマップ

    イオン新潟東ショールーム

    〒950-0813 新潟市東区大形本町3丁目1番2号
    TEL:0120-81-1142
    営業時間 9:00~17:00(毎週木曜日、年末年始、夏季休暇)

    ショールームについて詳しくはコチラ

    相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

    0120-81-1142はい いいしょくにん
    受付時間 9:00~17:00
    (木曜定休)

    無料お見積依頼

    長持ちする塗装をご希望の方、お電話ください!

  • 新潟市東区ショールーム アクセスマップ

    新潟市東区ショールーム

    〒950-0872 新潟県新潟市東区牡丹山2-14-11平和ビル102
    TEL:0120-81-1142
    営業時間 9:00~17:00(毎週木曜日、年末年始、夏季休暇)

    ショールームについて詳しくはコチラ

    相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

    0120-81-1142はい いいしょくにん
    受付時間 9:00~17:00
    (木曜定休)

    無料お見積依頼

    長持ちする塗装をご希望の方、お電話ください!

来店予約 外壁塗装ショールームへお越しください。 外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! カラーシミュレーション 長持ち塗装の新創の採用情報

お見積・資料請求はこちらから

0120-81-1142 受付 9:00~17:00 (木曜定休)

お問い合わせフォーム

新創 長持ち塗装の新創

[イオン新潟東ショールーム]
〒950-0813
新潟市東区大形本町3丁目1番2号
TEL:0120-81-1142
[新潟市東区ショールーム]
〒950-0872
新潟県新潟市東区牡丹山2-14-11平和ビル102
TEL:0120-81-1142

アプラス